北国の恵み エイジングケア

 

エイジングケアのサプリメント

 

アンチエイジングや、スキンケアに熱心な人が増えています。
よく耳にする、コラーゲンやヒアルロン酸は肌の保湿にいいと言われていますが、コラーゲンの生成にはビタミンCが必要ですので、ビタミンCも併せて摂取することも重要です。
体内の老化を防ぐにはビタミンCの摂取が重視されますが、ビタミンCの摂取だけでなく、そのほかにも、エイジングケアにいいサプリメントはたくさんあります。

 

疲れや肌トラブルにビタミンB

疲れたときに、肌トラブルが起きやすいことがあります。このような問題を解決するために、ビタミンB群が最適です。
ビタミンB群が不足すると体の様々なところに影響が出ます。肌トラブルを防止するために、ビタミンB群の不足をサプリメントなどで補い、しっかりと代謝をアップさせることが大切です。
ビタミンB群のなかでも、特にビタミンB2が不足すると、肌がべたついたりニキビ・毛穴の開き・黒ずみなど様々な肌荒れが起きてきます。
ビタミンB2が不足すると、脂肪をエネルギーに換える機能がスムーズにいかなくなり、血中にある脂肪が皮脂として表面に出てくるからです。
ビタミンB2の不足は、皮脂分泌のサイクルがおかしくなるだけではありません。
肌のターンオーバーのサイクルも狂い、成長しきっていない細胞が表面に出てくることもあります。
ビオチンやビタミンB6が足りない時も、肌のトラブルを起こしやすくなります。
ビオチンやビタミンB6が不足すると、肌のみずみずしさや潤いをキープするためのヒアルロン酸やコラーゲンが生成されにくくなり、肌の保護機能が下ってしまうといいます。
エイジングケアをめざしてサプリメントを選ぶ際は、ヒアルロン酸やコラーゲンの他にも、ビタミンB群など、いろいろと不可欠な成分もあることも覚えておきたいものです。